三井住友銀行住宅ローン

三井住友銀行住宅ローンの諸経費ってどのくらい?

こちらでは、三井住友銀行の住宅ローンについて、住宅ローンに必要な諸費用について考えてみたいと思います。

 

三井住友銀行では、いろいろな住宅ローンのシミュレーションをWEBサイト上で行なうことができます。

 

その中で、「返済額資産シミュレーション」を利用して、諸費用がどの程度必要かを見積もることができます。

 

 

 固定金利手数料

 

3種類の金利方式のうち、固定金利特約型や全期間固定金利型などを選択する場合、固定金利手数料として、1万500円(消費税込み)が必要になります。

 

変動金利型を選択する場合には、手数料は必要ありません。

 

この費用は、住宅ローン締結時のみならず、返済期間中に変動金利型から固定金利特約型へ変更する場合や、固定金利特約型の特約期間が終了して、あらためて固定金利特約型を選択する場合にも、固定金利手数料が必要となります。

 

 

 保証会社への保証料・事務手数料

 

三井住友銀行の住宅ローンを利用する場合には、三井住友銀行が指定する保証会社による保証を受けなければなりません。

 

保証会社へは、事務手数料と保証料を支払う必要があります。

 

事務手数料は、1件あたり3万1500円となっています。

 

また、保証料は借入金額・借入期間・返済方式・年収に占める返済額の割合・保証料支払方法などの条件によって異なります。

 

 

保証料の支払い方法として、外枠方式と内枠方式があります。

 

外枠方式では、住宅ローンの締結時に一括して支払いますが、内枠方式では、住宅ローン金利を増やすことによって、月々の住宅ローンの返済の中に含めます。

 

下表に、借入金額100万円あたりの外枠方式保証料の事例を示します。

 

例えば、元金3000万円の35年ローンを元利均等方式で組むと、保証金として、61万8600円〜247万3110円が必要になるわけです。

 

前述の返済額資産シミュレーションでは、保証料の最低額が表示されますので、注意が必要です。

 

 

表 借入金額100万円あたりの外枠方式保証料の例(2012年8月現在)

 

 

 抵当権設定関係費用

 

登録免許税等、抵当権の設定に関して司法書士へ支払う司法書士手数料が必要になります。

 

例えば、元金3000万円の住宅ローンの場合、返済額資産シミュレーションでは登録免許税が12万円、司法書士手数料が5万円程度必要になります。

 

 

 印紙税

 

住宅ローンを締結する際に、ローン金額に応じた印紙税を支払う必要があります。

 

税額は、ローン金額が1000万円を超えて5000万円以下の契約時には2万円になります。

 

 

以上を合計すると、元金3000万円の35年ローンを元利均等方式の場合、諸費用の合計は85万600円となりました。